×

ブライズメイド・アッシャーって何?

最近、結婚式でよく耳にするようになった「ブライズメイド」。日本では、花嫁やその友人たちがお揃いの衣装や髪型で結婚式に参加するというのが通例のようですが、実は本来のブライズメイドの意味とは少し異なっています。アメリカやヨーロッパでは広く浸透しているものですが、実際にはどのような役割を担っているのかご存知でしょうか。
ブライズメイド(Bride’s maid)とは、花嫁の付き添い人を意味しており、結婚式において花嫁を引き立てる役目を果たします。務めるのは花嫁の友人や姉妹などで、未婚の女性である場合が多いようです。ドレスは花嫁が身に着けている白以外のものを着用し、ブーケを持って花嫁とともにバージンロードを歩きます。その際、花嫁の歩行の補助をする役割も担っています。
ブライズメイドは2名から5名程度が一般的で、その中で花嫁と最も親しい仲にある女性は「メイド・オブ・オナー」と呼ばれ、ブライズメイドたちのリーダー的な存在となります。メイド・オブ・オナーの仕事は、花嫁のドレスの裾を直すことや、指輪交換の際に花嫁の持つブーケやグローブを預かることなど、介添人として重要なものなので、特に信頼できる人が選ばれる傾向にあるようです。
また、結婚の前祝いとして「ブライダルシャワー(bridal shower)」と呼ばれるパーティーを、花嫁やブライズメイドの自宅、あるいはレストランなどで開き、花嫁の幸せを祝福します。

 

一方、「アッシャー(Usher)」とは、花婿に付き添う男性たちのことを指しています。正式名称は「グルームズマン(Groomsman)」と言い、結婚式の準備のときから花婿をサポートする役割を担っています。主に花婿の親しい友人たちが2名から5名程度選ばれ、一般的にはブライズメイドと人数を揃えます。花婿と最も親しい仲にある男性は「ベストマン」と呼ばれ、メイド・オブ・オナーと同様に、アッシャーたちのリーダー的な存在となります。
アッシャーの役割は、基本的にはブライズメイドと同じです。お揃いのタキシードやスーツを身に着け、新郎新婦が入場の際にドアを開けたり、結婚式披露宴では、進行の手伝いをしたりします。アメリカやヨーロッパでは、結婚式前日に「バチェラーパティー(bachelor party)」と呼ばれる、独身に別れを告げるパーティーを企画するのもアッシャーの役割の一つとなっています。
ブライズメイド、アッシャーは両者ともに、結婚式において重要な役割を果たしながら、新郎新婦に花を添える存在です。結婚式をより素敵なものにするために、大切な人たちにお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

ハワイでのフォト&ムービーを撮影しました。