×

【インタビューVTR】デザイナー根本貴史

根本貴史 Takashi Nemoto

Ventriloquist (ヴェントリロクイスト)

日本とイタリアでファッションとデザインを学び『HIROKO KOSHINO』『MAX MARA』といった著名ブランドに従事。
ブランド名は、英語で『腹話術師』という意味で、デザイナーやブランドを語らずとも、服が何かを語り出すという想いが込められている。
常に昔のものを尊重し、その時代にあったデザイン、素材や色、仕立てや技術を参考に、現代の素材に置き換えて1点1点時間をかけて製作している。
代表的な藍染めのコレクションは、明治時代に藍染めされ、継ぎ接ぎしながら使われてきた生地をビスチェやジャケット、インディゴをグラデーションで染め上げたブラウスやニットなどに仕立てた手の込んだものばかり。
また話題を集める『がまぐちバッグ』は、MAX MARA在籍時から個人的に製作していた作品で、18世紀頃から世界中で愛用されてきたといわれる『がまぐち』と、深みある青が魅力の『日本の藍染め』を現代的な感覚で再構築した魅力あふれる真骨頂といえる。『神戸ファッションコンテスト』グランプリ受賞、『Tokyo新人デザイナーファッション大賞』プロ部門受賞。

 

関連記事